2017年11月02日

世界から見た日本の格差問題を乗り切るために!

こんにちは。

現在、日本は少子高齢化と言われており、
それに伴って高齢者の貧困に対する割合も
増えているという現実をご存知でしょうか?

先行きが不安になる話ですね。

実は5人に1人が月10万円程の収入で生活しているのです。
このような高齢者の貧困問題が大きくなっています。

世界的に見ても

1位 韓国
2位 オーストラリア
3位 アメリカ
4位 日本

全世界で堂々の第4位です。

逆にその格差が低い国はというと
最近よくテレビでも取り上げられていますが、
オランダ、フランス、カナダあたりが低く、
年金制度や学校無償化等が整っていると評判が良いです。

そんな中、今の日本で年金をあてにしている労働者世代の方は、
あまりいないとは思います。

つまり、年金の受給額低くなり、
受給される年齢も伸びていくので定年も伸びている企業が
増えているのではないでしょうか。
更に追い打ちをかけて、
退職金も不安定になってくる時代になっているのです。

副業禁止の会社が今では認め始めている大手企業も増えてきているのが、
現実的な問題ではないでしょうか。
そんな中、自分の老後の資金は自分で
蓄えるといった考え方も増えてきています。

その為、ここ近年では、
色々と自分でできるビジネスを構築していったり、
今すぐ手に入るわけではないが、10年スパンでの不動産投資、
インターネットを使っての転売、、、。

自分自身で動きださないと老後に安定した幸せは訪れてこないのです。
私自身コンサルタント業務を行っていて様々な声を聞きますが、
物事にチャレンジするまでに時間がかかる方が多いです。

最初の一歩を踏み出す勇気が出ていないのです。
つまり、「面倒くさい」や「時間がない」とか
様々な声が聞こえてきます。

私からしてみると、
「やる気がない」もしくは「自信がない」のいずれかだと思っています。
本当に稼ぎたいと思うならば、
本を読んだり、ネットを使って調べれるはずです。

これから先の将来を有意義に過ごすために、
今どうあるべきか、将来の方向性をきちんと決めて、
「いつまでにこういう風になる」と設定し
逆算して今やるべきことをお勧めします。





posted by イッシー at 12:21| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

日経平均株価は高値を続けている一方で起きている気になる現象!

お早うございます。

日々、寒くなってきていますので、
体調管理をしっかりして過ごして下さい。

早速ですが、金融情報です。
日経平均株価が上昇し続け、16連騰をはじめて記録しました。

本日も記録更新の期待されますが、
その要因ともいえるのが今回の総選挙です。
結果は自民党の圧勝です。

昨日の日経終値も1996年以来、
21年ぶりの高値で終わっているので、
これだけ見ていれば、
アベノミクスのとても良い政策だったともいえるでしょう。

しかし、その一方で生活に豊かさを感じない人が大半であり、
本当にアベノミクスが成功しているかどうかは微妙な所です。

今回はそんなアベノミクスを実行している最中に起きた現象を
お伝えしたいと思います。

実は最近「13年ぶりに自己破産者が増加しました。」
という新聞の記事を見ました。

借金が重なって自己破産する事になったという話が、
一昔前にあれば、そこには必ずと言っていいほど、
消費者金融の問題があったと思います。

今では「グレー金利」と言われていますが、
29.2%の金利でお金を貸し付け、
返済に困った人達が自殺するというニュースが
社会問題になるほどです。

つまり「借金=消費者金融」という定義が成り立っていたのです。

しかし、それは過去の話です。

現在は、2006年から始まった貸金業法の改正によって
金利の上限が大幅に下がったのです。
そして、年収の3分の1までしか貸し出すことが出来なくなったのです。

それが「総量規制」です。

総量規制が実施されてからは、
借金を返済できないと悩む方は減少し、
2007年には年間14万件あった自己破産も
現在は何と約6万件にまで下がったのです。

そして、この法改正を逆手に取ったのが、
テレビコマーシャルで最近よく見る「過払い金請求」です。
この影響で大手だった武富士が会社更生法を
申請することになったのは記憶に残っていると思います。

そんな中、13年ぶりの「自己破産者が増加」したというニュースです。

消費者金融の貸付残高も2007年には14兆円を超えていましたが、
今では4兆円にまで下がっています。
たった10年間で10兆円も減ったのです。

それなのに自己破産者が増加したのはなぜでしょうか?

その答えは銀行によるものでした。
簡単に言うと銀行系カードローンの影響です。

銀行系のカードーンはアベノミクスによる金融緩和が行われた
2013年頃からよく耳にするようになりました。

この時期を境に銀行の貸付残高は4兆円から6兆円となり、
約4年間で1.5倍の増加を見せたのです。

現在は消費者金融よりも貸付残高は多くなっています。

低金利化が続く現在では銀行側も必死で、
個人向けのカードローンに活路を見出したのです。

しかも銀行は2007年に施工された「総量規制」という
ルールを守る必要はない訳です。

なぜなら、当時施工された貸金業法の改正では、
あくまでも消費者金融をターゲットにしており、
銀行はそれの対象外だったのです。

銀行系のローンには規制はあまりないという優遇された状況です。

しかし、自己責任が原則でありますので、
借りた本に責任があると言われればそれまでですが、
日本の景気を改善しようとし始まったアベノミクスの余波が
結局、借金をする人を増やした結果であることは
間違いないと思っています。

ちょっとした情報提供です。






posted by イッシー at 07:58| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

「希望の党」池百合子代表が選挙公約発表!「ユリノミクス」と呼んでいました。

今、テレビを見ていましたが希望の党の小池百合子代表が、
総選挙における公約を発表しました。

メインとなる軸は以下の5点と考えられます。

・消費税増税の凍結
・議員定数・議員報酬の削減
・ポストアベノミクスの経済政策
・原発ゼロへ
・憲法改正

それと同時に「ユリノミクス」と報じていますが、
「希望への道」しるべ
12のゼロを挙げました。

①原発ゼロ
②隠ぺいゼロ
③企業団体献金ゼロ
④待機児童ゼロ
⑤受動喫煙ゼロ 
⑥満員電車ゼロ
⑦ペット殺処分ゼロ
⑧フードロスゼロ
⑨ブラック企業ゼロ
⑩花粉症ゼロ
⑪移動困難者ゼロ
⑫電柱ゼロ

対自民党の政策は
・北朝鮮への圧力強化を指導
・アベノミクスの加速
・人づくり革命・教育無償化
・憲法改正
・・・。

社民党・共産党は相変わらず森友・加計学園問題の追及という事です。

具合的な内容はまだ発表中ですが、細かい事は違うにしろ、
大まかな内容は自民党とあまり変わらない公約だと専門家の人が
メディアを通して話しています。

一体何の為の選挙なのでしょうか?

花粉症ゼロ、フードロスゼロ北朝鮮の事は
公約に挙げるべきことなのでしょうか?

北朝鮮問題に関しては、やるべき当然のことではないでしょうか?

政治については議論が様々になりますので、
あまり語らないようにします。

細かい選挙公約の内容については、
来週2017年10月10日(火)に公表になります。

まずは、公約の柱の報告でした。





posted by イッシー at 09:39| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

最近のニュースを見ていて思う事!

お早うございます。

今日の目覚めは地震速報でした。
揺れなどは全く感じませんでしたが、
ウトウトしながらテレビを見ていたら、
地震速報で起きました。

時刻は5時22分、震源地は岩手県沖で最大震度は4という事でした。
皆さんは大丈夫だったでしょうか?

最近のニュースは、北朝鮮問題、解散選挙、今後の日本、不倫、、、。
問題は山積みだと思います。
今後の日本は大丈夫なんでしょうか?

将来に不安をいただいている方も多いと思います。
もっと政治家にきちんと指揮をとってもらいたいものです。

今の時期の解散選挙も賛否両論別れる所であります。
野党側も人気があるから小池都知事の「希望の党」に付くのか?
当選するには仕方ない事かもしれませんが、
何かそういう行動は好きになれません。

衆院選をするのにどれくらいの税金が使われるのか気になり調べてみました。
産経ニュースの調べでは、実際に衆院選にかかる費用は800億円かかると
報じています。

そして、各項目の中で事務費が一番多く使われているみたいです。
しかし、実際は2012年の衆院選では650億円で、内588億円が
事務費として使われています。

何か他に使われるべきな税金があるのではないでしょうか?
選挙のニュースを見るたびに思います。

今回も当たり前のことで、自民党は北朝鮮問題、消費増税を
公約として掲げています。

日本は他の先進国に比べ、消費税率が低いので上げる事には、
反対ではありません。
しかし、上げる理由とその目的をきちんと明確化してくれれば良いと思います。

子供世代の為に使うとは掲げていますが、きちんと金額も公表すべきだと思っています。
私は子供もいますが、子供がいない世帯への納得を得れるかどうか。
それによって、子育て世代が増えるのかどうか。
、、、。

問題は山済みです。

その前にもっと削減していくことがあると思います。
例えば、3ヶ月も休んでいた話題の豊田議員の給与、
その秘書であった松森氏における4か月分の給与、、、。

今更、テレビに出てきているが、休んでいた部分の給与を減額するとか、
松森氏に関しては、何をやっていたか全くわからない状態で200万円近くの
税金が給与として払われているのは、納得もいかず、税金の使い方のあり方自体を
見直してもらいたいものです。

選挙をする前にやることはたくさんあると思います。
選挙で莫大な税金を使うなら、震災復興や北朝鮮に対応する予算の確保、
年金問題、、、。
私の世代は年金が減額になっていくと思います。
そして、年金受給年齢も75歳くらいからになるのではないでしょうか。

終身雇用も廃止になったこの時代、これからは貯蓄、投資、副業、、、。
そういう風に考える方も多いと思います。

将来に不安を感じ、今の生活に満足いかないから、
副業もします。
大手企業でさえ副業を認めだしている所もあるのです。

今後の日本には期待していますが、何かあったときは、
自分で自分の身を守らなければいけません。
その時に備えも用意しておかなければ、終わってしまいます。

私自身、事業をしていますが、先行きは不安な部分もあります。
しかし、こういったインターネットを通し更なる情報提供を
していければと思っています。

そして、みんなが国、地域を支えていけるだけの財力も
身に着けていければと思い、色んな仕事に取り組むようになりました。

今後もお得だと思う情報提供をしていきますのでご活用
していただければと思っています。



posted by イッシー at 07:43| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。