2017年11月01日

生活に係わる節約術をお伝えします【パート1】

こんにちは。

今回は生活や副業、ビジネスにおけるお得な情報をご案内致します。

皆さんはクレジットカードはお持ちでしょうか?

クレジットカードのお得な情報です。
近年はクレジットカードを利用する方は多いと思います。

例えば会社の忘年会や接待費、
日用品、生活用品を購入する主婦の方。
様々な方がいると思います。

理由はお伝えするまでもなく、
ポイントやマイル等に変えたい方がほとんどだと思います。

そんなクレジットカードも意識しないと
現金は無いのにお金を持っている気分になり
多額な借金を抱えてしまう場合もありますので、
計画的にお使いください。

そんなクレジットカードで高額な商品を購入する際は
一括払いやリボ払い、分割払いと様々ですが
どの様に決済しているでしょうか?

実は知っている方はあまりいないと思うのですが、
店舗で物を購入する際には
クレジットカードで2回払いを選ぶと
カード手数料がかからないのは知っていますか?

ですので、2分割での支払いがお勧めです。
3分割からはどこのカード会社も手数料がかかりますが、
2回だと基本手数料がかからない場合が多いのです。

少しでもお得で節約できる部分がありますので、
ご利用ください。

キャッシュフローが厳しい時には
ぜひ2分割を試しに使ってみてください。









posted by イッシー at 12:00| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

現役世代の年金に関する問題を考えてみました。

皆さんは現役世代の年金に関する問題をどういう風に考えているのでしょうか?
年金問題に関しては色々、不安やわからないこともあるのではないでしょうか?

本当に年金は「カット」されるのか?
年金の将来がどのように安定していくのだろうか?

一番知りたいことは、
老後に必要なお金っていくら?まずは知るところから!


といったたくさんの不安を抱えていると思います。

今回は現役で働いている方向けの年金について記載していこうと思います。
厚生年金の保険料率は、平成29年9月より後には上がることは無いと言われています。
また国民年金の保険料も平成31年4月より後に、上がることはありません。
ただし、物価、賃金上昇によって上下することはあります。

働いている若い世代の納めた半額以上の年金を給付できる見通しがたっています。
そして、受給者全員が受け取れる「老齢基礎年金」は給付額の半分を国が負担しているので、
納付額以上の給付を得られる可能性は低いと考えられます。

保険料を納めないと将来受け取れる年金額がその分、減額になります。
年金額は保険料を納付した期間に応じて決まり、受給には納付期間が10年間必要になります。

年金は将来受け取れることだけが、重要視されているように見受けられますが、
実際は、それ以外にも重要なことがあるのです。
それは、60歳未満でも怪我などで重い障害を負った場合には「障害年金」、一家の大黒柱が小さな子供や配偶者を残して亡くなった場合は「遺族年金」を受け取れることです。

年金は受給以外にもこういうときにも役に立ちます。
将来の足りない部分はまだ、働けるうちに蓄えを用意しておけばカバーできるかと思います。
将来の年金をカバーするのに、副業や投資等を考え少しづつ権利収入を作る仕組みを試してみるのも良いと思います。

ただ貯金するだけなら、生命保険を使い、積立型の保険に加入すれば、銀行に預けるよりも利息は付きますのでお勧めです。
今なら、物件等の投資は資金がなくても、物件のオーナーになれる所もありますので、
色々、調べてみるのも良いかと思います。




posted by イッシー at 12:36| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

家計の節約に大事なことは、人生のイベントごとに保険の見直しする事。

私は以前保険代理店に募集人として勤務していました。
約5年保険業界を経験して色々なことを学んできました。
中でも、家計の節約、企業の経費削減をよく依頼され取り組んできました。

たくさんある保険を一人で選ぶの?【保険見直しラボ】


保険の見直しは人生のイベントごとによってした方が良いと言われています。
社会人になる時、結婚する時、家を建てる時、子供ができる時、定年を迎える時、、、。
それは、その時の時期により自分自身の心境や生活習慣、日本の医療状態など様々なことが考えられます。

一昔前までは、生命保険では先進医療保険という特約が存在しなかったですが、今は当たり前に耳にするようになりました。その他にも介護の保険も新しく誕生しました。

ですから、昔入ったからいいという考え方は変わってきています。

しかし、保険業界があまり良い印象が無いのも現実です。
理由はたくさんあります。
今では少なくなってきていますが、セールスレディーに昼休みに待ち伏せされ、「そろそろ」と勧誘されたり、相談したら、イコール契約しなければいけないといった印象を持たれている方が多いと思います。

今ではそういう募集人も少なくはなりましたが、やはり今でも多くいるのが現状です。
ですから、これだけインターネットも普及しているので、自分でも調べて、勉強していくことも大事だと思います。

結果的にそれは、ご自身の家計の節約にもつながります。

保険代理店やプランナーはしっかりとした代理店を選び、いつでも相談できる関係性を作っていくことが大事だと思います。
きっと親身になって一緒に将来をプランニングしてくれるはずです。



posted by イッシー at 07:28| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。